僕は、日本にALT(外国語指導助手 )として赴任することになった。

東京や京都、様々なポップカルチャー等をイメージして、楽しみにしていた。

 

しかし、赴任地を聞くと、全く想像していなかった日本海に浮かぶ隠岐諸島のひとつ、

人口たった二千三百人ほどの離島、海士町。


最初はガッカリしていたけれど、

隠岐と後鳥羽院とに触れることで、 

自分の中の何かが新しくなっていく。

今まで忘れていた自分。

今まで隠していた自分 。

そんな自分が剥がれ落ちて、

これからの自分へと変わっていく。 

でも、それは全く新しくなるわけではなく、 

また、いままでの自分も否定するわけではない。

何かを受け取った僕の内側には、

激しい牛突き、 

力強い刀鍛冶、

もてなしの献茶、

思いを綴る和歌 ( 遠島百首 )、

後鳥羽院の想いが投影され、顕れる。

そして、

かるたを 1 枚めくると、

広大な海に浮かんでいた。

過去と未来は ここから つながっていく。

 8 0 0 年後のあなたへ。