島民劇「海士のごとばんさん~承久の海の彼方から~」

後鳥羽院の島での19年は、京都の日々とはまったく異なったはずです。後鳥羽院の目に映った隠岐、隠岐人が感じた上皇の存在を、島民参加の創作劇により伝えます。

開催日:令和4年3月6日(日)

10.jpg